ライターの派遣先は皆勤賞の制度を取り入れない

結果が全てであるにもかかわらず皆勤賞のような評価基準が存在する事実に関して、ライターの派遣先は肯定的な考えを持ちません。真面目なライターが従事していれば、成果を上げることが難しいコンディションのまま出勤することがままあります。その状態が周囲に影響を及ぼす確率も考慮に入れる必要があるので、納期に余裕がある間は十分な休養を取ってほしいと派遣先は感じます。ところが、皆勤賞の制度が存在していれば一定数は無理をする確率が高いです。業務の結果にかかわらず、出勤するべき日の全てにおいて休むことがなければライターにとって良い結果がもたらされます。皆勤賞がなくならない限りは、派遣先の関係者全員が健康上のリスクを負っていることと同義です。
本来であれば数日で完了する仕事内容でも、ライターの脳裏に皆勤賞の文字が浮かぶことが理由で日数が伸びることは往々にしてあります。とりわけ一定以上の出勤日数が皆勤賞の判断基準であれば、派遣先から追加で報酬をもらおうとするライターが多くなります。ライターは効率的な作業を心がけるべきであるにもかかわらず、あえて作業スピードを遅くすることによって皆勤賞の対象者になろうとする可能性が高まるというわけです。成果物を目にするまでは、ライターの働きぶりを派遣先は把握しにくいです。作業の途中経過を質問しても、それ以降に進捗率が急上昇することは珍しくないからです。そのため、作業者が長期的に努力しても恩恵が得られないように派遣先は知恵を絞ります。皆勤賞の概念が皆無の派遣先であれば、ライターは一日でも早く休日を満喫するために作業スピードを速くします。生産性を向上させることを目的として、意図的に派遣先から皆勤賞の制度を除外しています。

ページの先頭へ戻る