初めての転職が派遣でも天職と考えれば道は拓ける

初めての転職という場合、それまでが正社員で仕事をしていた人にとっては、とても心配になるでしょうが、それほど怖れることはないのです。
今の雇用情勢からしたら、正社員で採用という方が稀と考える方がいいくらいで、どこの企業もいきなり正社員で採用というよりは、雇うことの安全性という面で、契約社員という身分とか、派遣元企業から派遣社員として受け入れ、然るべき期間を経て、初めて正社員へ登用するというようなことが多いからです。
正社員の経験しかない人は、正社員ではないと聞いただけで尻込みし、ちょっとした失敗や中に入ってからの人間関係の不具合で、首を切られる危険性があるのではないかと思いがちですが、余程のブラック企業でないかぎり、正社員でなくても会社の勝手な都合で結果として解雇につながるようなことをすることはありません。
したがって、転職に際して初めての派遣の形態ということになった場合は、それが自分にとって天職だと考えて取り組むことが大切です。
実は、誰にとっても、初めから天職などというものはないのですから、ご縁があって携わった仕事に、命を懸けて取り組むことが大切で、その努力を積み重ねると天職になるのです。
ただ忘れてならないのは、どのような仕事につこうと、どのようなことが自分の周囲で起ころうと、自分自身が進もうとしている道を、人生のミッションステートメント、つまり自分の人生の意義とか、目的を、明らかして、「こうありたい」というその中でのことであることを肝に銘じておくことが肝要です。
その基本軸をしっかりと腹に納め、忘れないで行動し、考え抜いて行けば、新しい道が開けていくというわけです。
転職というようなときには、何かしら不遇な感じがしている状態でしょうから、そこを振り切り、新しい人生を開拓するという意気に燃えて取り組むことが、何よりも大事なのです。

ページの先頭へ戻る